リネンの手作り服

福岡でリネンの生地を買うならこの2ヶ所。

投稿日:

以前も書きましたが福岡は生地屋さんが少なめです。
特に服地。

お仕事用のものは全部大阪などから取り寄せていますが、自分や家族のもの作るときなど時々生地見に行きたくなります。
そんな時に行きたいのはもうこの2ヶ所だけです。

 

『fabfabric』

南区長丘にあるfabfabric

ここは品揃えが豊富。
ただ、お店に行くと倉庫のように生地がつっこんであるのでいきなり行くと選びにくいです。ええとっても。


(画像はお借りしました)

わたし的にはこの眺め好きですが(笑)。
初めて行かれるとちょっとびっくりするかも。

ですが通販サイトは超見やすい。

こんな感じでたくさんの写真と説明書き、布の厚みや柔らかさ、適しているデザインなど。
とってもわかりやすい。

数ある生地のサイトの中で一番のわかりやすさだと思います。
これをいちいち作るのはかなりの作業でしょうね。

選ぶ方にとってこんなにありがたいことはないです。
店に行かれるのであれば、これである程度目星をつけてから行かれることをオススメします。

 

ここで生地を購入するとオリジナルのタグがもらえます。

こんなにたくさん集まりました!

赤と黒の大きい方は以前のものでもうないみたいです。
通販で買ってもちゃんとついてきます。

エプロンなどのグッズ類やカジュアルな服のワンポイントに使わせてもらっていますよ。

 

『リネンや』

春日市のリネンや

文字通り店内、ほとんどリネンのとってもおしゃれでテンション上がるお店。

(画像はお借りしました)

リネン好きにはたまらないですね。
いい生地が見つかります。

お値段もまあまあしますが(笑)、他では見つかりにくい綺麗な色、上質なものがありますよ。

ただオープン時間が短いです。
平日の11:00から14:00のみとなってますのでご注意を。

とっておきの一枚を作りたい時にまた行きます。

 

 

昔は南区大橋にあった『西沢』がとても広くてたくさん服地を置いてあったのでよく行っていましたがなくなってしましました。
今は西新にはまだあるみたいです。

他には博多区綱場町の『手芸のマキ』ここも安くてよく行っていました。
本当に週に何回も通ってましたね。
もう顔も覚えられていましたから(笑)。

ここも、最近は服地はあまりなくて手芸用メインなのでほとんど行かなくなりました。

大阪の舟場や東京の日暮里の近くだったらどんなにいいだろうといつも思います。
福岡にももっとたくさん生地屋さんがあれば嬉しいのですけど。

服作りって本当に楽しいです。
好きな生地で好きなデザインを自分のサイズでできるのですから。

そしてできあがりを想像して作ってると寝るのも惜しくなります。
それが出来上がって着てみると、嬉しくて鏡の前でくるくるしてしまうし(笑)。

さらにそれを着てお出かけをして友達に『それ作ったの?すごーい!』と言われること間違いなしですからね。

だからお願い服地屋さん、福岡にも増えてください!

プロフィール

プロフィールテキスト

-リネンの手作り服

Copyright© yumiko lifelog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.