クリーマ、ミンネでの売り方

ハンドメイド販売、新作を出すタイミング。

投稿日:

私は今、クリーマ(creema)、ミンネ(minne)、イイチ(iichi)に出品しています。

状況はというと、クリーマの売れ行きが圧倒的。
次にミンネ。

イイチはというと2年前始めた頃はダントツ1番だったのに、なぜか現在は月に2,3枚位ほどしか売れません。

ハンドメイド販売では人気のあるものがずっと売れ続けたりしますが、やはり時々新作を出すことで注目が集まってきます。
そこでいつどのくらいの頻度で出すのがいいのか考えてみました。

 

新作はどのタイミングで出すのがいいのか

私が作っているリネン服の場合、やはり春夏がメインとなりますので春に新作を出すことが多くなります。
冬の終わりくらいにいくつか試作してみて春の初めごろに一度に何枚か出します。

そして売れ行きを見て生地を追加するのかどうか決めていきます。
生地も突然廃盤になったりということもありますし、自分でも気に入ったものだけを作っていきたいのでそういうことも含めて考えています。

 

新作をたくさんの人に見てもらうようにするには

クリーマでは新作を出した時に連絡を入れれば使ってもらえる確率も上がります。
もちろんいいものであればですけど。

あとはその時にある特集にあわせたものを作ること。
例えば『海に似合うブルー』『夏のお出かけに』など。
あらかじめクリーマは教えてくれるのでそのタイミングで作ってみる。

これはミンネやイイチでは無いとなのでクリーマが断然使いやすいです。

他は定期的に新作を出すことで取り扱ってもらえる頻度も高まります。
そして写真は大事。

第一印象は写真ですからね。

売れ行き具合も売れるものはクリーマやミンネの方でどんどん露出してくれますのでますます売れていきます。
あまり売れないものは検索でもなかなか出てこないのでますます売れない。

こういうこともハンドメイドサイトでは起こりうるので考えなければいけません。
一度ミンネのメルマガのトップにあげてもらったワンピースはもうびっくりするくらい売れましたが、クリーマでは少ししか売れませんでしたからね。

どれだけたくさんの人に見てもらうか、分母が大きければ分子も大きくなります。
そういった意味で、サイトに取り上げてもらうためにも新作はたくさん出していきたい。

 

新作のバリエーション

新作をどんどんとはいっても大変ですよね。

でも例えばアクセサリーなどの場合、パールのピアスを作ったとして次はパールを2つ並べてみたり何通りもできてしまいますね。
服の場合だと、同じワンピースで色を変えたり、生地を変えたりでもバリエーションが広がります。

あとはいただいたレビューなどで『これの長袖が欲しい』『もっと丈の長いものが欲しい』等の声をいただくのでそれにあわせて作っていきます。
そうすると無限大!?ですよね(笑)。

これもハンドメイドのイイところ。
ちょっとした点をどんどん改善していけます。
大量生産だとそう簡単にはいきません。

飽きられないために、写真の撮り方を工夫したり、新しいデザインを常に考えることは大事ですよ。

そうはいってる私ですが、この今の繁忙期はデザインを考える余裕がなくてゴメンなさい…。
今年こそは冬の間に夏物のデザイン頑張ります!(笑)。

プロフィール

プロフィールテキスト

-クリーマ、ミンネでの売り方

Copyright© yumiko lifelog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.