クリーマ、ミンネでの売り方 起業、副業

職業としてのハンドメイド販売。

投稿日:

ハンドメイドのサイトを見ていて時々、どんな人が作っているのかやはり気になります。

プロフィールに飛びさらにHPやブログに飛べるようになっていたりするので、拝見したりしていますが、本当に素人の方からデザイナーさん、店舗をお持ちの方など様々。

こんなに多種多様な作家さんが同じ土俵で作品を並べることができるなんてすごい時代になりました。

この中で素人から私みたいに独立してやっていらっしゃる方もおられると思います。

 

趣味から仕事へ

『でもこれだけで食べていけるかどうか不安』ですよね。

不安を取り除く方法。
それはなんでしょう。

『前へ進むこと。』です。

やり方なんて多種多様。
人によって環境によって作るものによっても違います。

  • いい材料を仕入れに行く
  • デザインの勉強をする
  • たくさん作ってみる
  • 人に聞いて回る
  • 写真の撮り方を習いに行く
  • ブログを始める
  • インスタを毎日やる

などなど、色々トライしてみること以外ないと思います。
こんなことをやって行くうちに私は独立することができました。

プラス独立してさらに続けて行くために必要なことを2つ。

1つは

自分の作品をブランド化する

ハンドメイド販売のサイトではまず名前を決めなければなりません。
素人から始めた私は悩みました。

他の方はどんな名前なのかサイトを見ながら考えましたが、全く浮かびませんでしたね(笑)。

可愛い名前がいいかなと思い、色の名前を入れようと。
ただのpinkやblueではなく、ニュアンス的な、など考えて今のmauvepinkにしました。

そうくすんだピンクですね(笑)。
ちょっと大人の女性にはいいのかなと。

あとで変えてもいいし。と気軽に決めました。

一人で仕事をする上で大事なことは『考え過ぎないこと』だと思います。
もちろん重要なポイントは外せませんが、早く前に進むのが大事。

会社員時代に『スピード、スピード、スピード』と言われ続けたせいか(笑)、何をするにも早い私。
色々な場面で役に立っています。

話がそれました(笑)。

名前が決まると、商品を送る際に入れるカードや名刺のようなものにロゴなんか入れたくなるし、服につけるネームタグも作りたくなります。
それが出来て眺めるとなんだかうれしくなりますが、これでもう立派なブランド化です。

お問い合わせでも『mauvepinkさんのお洋服が』などと言われますのですっかり定着し、あとで変えようと思っていたのに、もうそんなことは忘れてしまいました。

そうなると、ブログやインスタでもmauvepinkを使うようになりますので、その名前で検索されることもでてきます。

決めた名前を各方面で使っていくだけです。
『シャネル』や『エルメス』とまではいきませんが(笑)、自分ブランドの出来上がりですね。

人を雇って大きく広げていくかどうか

私が今直面していることです(笑)。

おかげさまで現在たくさんのご注文をいただき、かなりお待たせすることも増えてきました。
申し訳ないなと思いつつ頑張っていますが、時々注文受付をストップさせていただくことも。

そうするとメールで、『注文したかったのですが』『再販はないのですか』などいただくようになり、さらに申し訳ない気持ちに。
ずっと営業をやっていた私は買っていただける方を断るなんてできないのです(笑)。

そこで簡単なことを少しだけお手伝いしてくれる人をお願いすることに。

ずっと一人でやっていましたし、この先もそうするつもりでしたが、とても頭の回転が良く手際もいいし、私より丁寧な仕事をしてくれるので決めました。
お勤めはしているので空いた時間にですが助かっています。

他の方の中にはチームを組んで何名かで作品作りをしていらっしゃる方々も見受けられます。

『職人は孤独』と思っていましたが違いますね。
考えたら、陶芸家も漫画家も、お弟子さんやアシスタントいますよね。

こうと決め付けずに、進みながら臨機応変にこれからもやっていこうと思います。

このように、ハンドメイド販売もひとつひとつの積み重ねです。
何も初期投資をたくさんしたり、法人登記をすることだけが、自分で仕事を始めるということではありません。

ハンドメイド販売も立派な職業になりうる時代なのです。

プロフィール

プロフィールテキスト

-クリーマ、ミンネでの売り方, 起業、副業

Copyright© yumiko lifelog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.