リネンの手作り服

リネンギンガムチェックスカートのウラ側見せます。

投稿日:

以前はアメブロで服作りについて語っていました。
今、毎日続けているインスタグラムでも主にリネン服のコーディネイト写真を載せています。

見てくださる方は、クリーマやミンネから来られた方が多いようです。
服を買いたい方の方。
服を作っている方の方。
それぞれですが、今日は両方の方に服の裏側をご説明します。

夏が近づくと出てくるギンガムチェック。
これは『リネンが好き』と同じように『ギンガムチェックが好き』な方がいらっしゃいます。

今年もいくつか作っていますが、昨日、作ったスカートをご紹介します。

 

ギンガムチェックスカート リボンベルト付き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リネン100%のネイビーのギンガムチェック。
パターンは全くの長方形ではなくて腰部分のボリュームを抑えるために、少しだけ台形にしています。
ウエストはスッキリさせるため、何箇所かタックを入れています。

 

ウエストは幅4cmのゴムを使用。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表地と裏地をウエスト部分で一緒にしてさらにベルト部分の生地を重ね、3枚重ねで縫います。
ベルト布を裏側で1cm折り曲げて表からおとしミシンをかけています。

綺麗にできてますねー(笑)
回数をこなした賜物です。
指の先で展示を読むように下にあるベルト部分を確認しながらゆっくり縫えば大丈夫です。
ピン打ちは最初はたくさんしておいたほうがいいですね。

全部縫わずに、開きを5cmくらい残しておいてゴムを通し、開いてる部分を縫って閉じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエストにはリネンの無地で作ったリボンベルトを通せるようにベルトループを編みました。
両脇に、こんな感じ。

『ベルトループ編み方』や『糸ループ編み方』で検索すると写真付きで詳しく出て来ますよ。
なかなかこれ楽しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

裏地にはコットン100%のローン(薄ーい生地です)を使用して夏でもベタつかないようにしました。

夏のスカートって薄いから裏地必要になるけれどあの汗でベタベタする感じが嫌ですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滑りは良くないけれど夏は素足だから大丈夫だと思います。
裾は脇にスリットを入れて動きやすく。
ウエスト部分はこれも少しだけタックを入れています。

 

リボンベルトはリネンのネイビー無地で。

幅5cm、長さ約180cm。
中表に縫い、中央を10cmほど開けておき裏返します。
開いてる部分のみミシンをかけておきます。
あとはアイロンで整えるだけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで。
私は素材感を大事にしているので今回も春夏に気持ちのいいスカートができました。

服を自分で作れるのは本当に楽しいです。
きっと病みつきになると思います♪

あまり透けない生地なら裏無しで、長方形でウエスト部分を裏に折り返して、ゴムを入れるだけでスカートが出来上がります。
夏はそれでも充分可愛いスカートができますので試して見られるといいかと思いますよ。

いつも服を買ってくださる方にも少し参考になりましたでしょうか。

ファッションは見た目もですけど着心地も大事な要素です。
これからも喜んでいただける服作り頑張ります!

プロフィール

プロフィールテキスト

-リネンの手作り服

Copyright© yumiko lifelog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.