読んだ本

乃南アサ『シャボン玉』読みました。

投稿日:

今回は図書館であまり時間なかったのでパラパラと適当に選んだもののひとつ。
乃南さんの本も以前に何冊か読んでいます。

これがまた一気読みしてしまいました。

 

あらすじ

不幸な家庭環境に育ち、犯罪を繰り返す23歳。
ある日逃亡中に山の中で怪我をしたおばあちゃんに遭遇する。

おばあちゃんを家に連れて帰りすぐにまた逃亡しようとするがそのままずるずると居着いてしまう。

場所は宮崎県の山奥の村。
素朴な人たちや暮らしになんとなく以後ごちの良さを感じているが自分の居場所ではないと思う。

ところが歳を取っても力強く生きるお年寄りたち。
何より何も聞かずに面倒を見てくれるおばあちゃん。

そして新しく生きる決心をする。

 

 

感想

1時間半くらいで一気読み。
そして途中のある場面でいきなりの号泣。

もうね涙が止まりませんでした。
しかも心地よい涙。

最近サスペンス物が多くて嫌な気分になる描写も多かったのですが、(じゃあ読まなきゃいいのにね(笑))。
この本は違います。

特におばあちゃんが素敵すぎる。
辛いこともあるようなのに強くたくましい。
多くを語らずにでも暖かさを感じる。

こんなおばあちゃんになりたい。
あーこれ書いててもまた涙出てきた(笑)。

子供にも大人にもお年寄りにもぜひ読んでもらいたい本。
すごい展開などは何もなくドキドキハラハラもないけれど。

全くの他人のおばあちゃんと若者の普通の生活がなぜか面白い。

ご飯の内容だけでもなぜか興味深いし、近所の爺さんが連れて行ってくれる山仕事も普段なら全く興味がないのにこの若者と同じように新鮮でした。
たまには適当に本を選ぶのもいいですね。

 

最後は『おばあちゃん生きていてー!』と切に思った次第でした。

プロフィール

プロフィールテキスト

-読んだ本

Copyright© yumiko lifelog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.