ライフスタイル 起業、副業

起業したいけど何をしたらいいかわからない時は、イメージで考えるのがいちばん。

投稿日:

最近はもうあまり読みませんが、ビジネス本をよく読んでいた時には

  • 堀江貴文さん
  • 成毛眞さん
  • 千田琢哉さん

など辛口な人が好きでした(笑)。
そうするとどうしても『自分で仕事をしたい。』となってきます。

自営業の家庭に育つと、家を継ぐ選択肢が出てくるからか起業が身近に感じてきます。
反対に、会社員の家庭に育つとなかなか起業というイメージが掴みにくいと思います。

うちは母親だけでしたが会社員でしたし、『自営業なんて危ない』という考えの人でした。
ずっとそう言われて育ちましたので起業は全く考えていませんでしたね。

それでも子供を持ち将来を考え、自分のスキルやしたいことを考えていくうちに『起業したい』気持ちが出てきました。
3人を大きくすることに精一杯でなかなかできませんでしたが、常に自分ができそうなことを考えていました。

初めは安易に資格を取ればいいのかといろんな講座を受けてみたり。
『アロマコーディネーター』『行政書士』『司法書士』などなど。

勉強するのは好きなので楽しかったのですが、その先の『この仕事をこの先ずっと続けていけるのか?』の考えが私には欠けていました。

そう、基準が『この仕事だと食べていけるかな』とか『この仕事かっこいいかも』などだったように思います。

もちろん、稼いでいけるかは大事な基準です。
ただ稼いでいけるかはその業種ではなく自分自身次第なのです。

何で起業するかは自分自身を基準に考えよう

考えるポイントは

  • 今まで経験して来たこと
  • よく褒められること
  • やってて時間を忘れてしまうこと

私は今まで経験したことはやりたくありませんでした(笑)。

不動産営業
保険、金融の営業

ほぼこの2つでしたので、周りからは『不動産屋やるの?』とよく聞かれていましたが、全然ピンときませんでした。

何がやりたいかは、自分が仕事をやっているイメージを思い浮かべて見るとわかります。
ドラマや雑誌などを見てきゅん!とくることありませんか?
恋愛じゃなくてですよ(笑)。

素敵な、空間や、服装や、シチュエーション、ライフスタイルなど。

例えば『セックスアンドザシティ』のキャリーに憧れる女性は多いと思います。
フリーのライターで、いつもおしゃれで楽しそう。

ニューヨークという舞台や女性の芯の強さなども加わって私も憧れです。
だったら少しでも近づけるようなライフスタイルを考えましょう。

キーワードを書き出そう

営業はしたくない
おしゃれな服でやりたい
美容に携わりたい
音楽は外せない
出社したくない
MACを使いたい
料理が得意
外に出たい
人と会うのが好き
ちまちましたことが好き
目立ちたがり
活字が好き
体を動かさないと死ぬ

キリがないですね(笑)。
でも思いつくだけ書き出しましょう。

次に、書き出したものを組み合わせて見ましょう。

音楽が好きで料理が得意なら、音響に凝ったカフェレストランなんか思いつきますね。
体を動かすのが好きだけど人と会うのが得意でないなら、webを使ったパーソナルトレーナーなど。

他にやっている人がいてもいいのです。
webを使ったパーソナルトレーナーが、書くことが好きなら、お客様へのアドバイスを細かく書いてあげるサービスをプラスするなど。

2つ組み合わせても弱いなら3つ、4つを組み合わせるなどです。

服作りが好き
おしゃれが好き
出社したくない
電話が嫌い
書くことが好き
営業は経験豊富

私はこれを組み合わせて今の仕事をしています。

服が好きなので、制服があったり、汚れてしまう仕事はしたくありません。
あくまで私の場合ですよ。

逆にキレイにすることが大好きで、お掃除をして人に喜んでもらいたいという方は服装は汚れてもいい服でも大丈夫。
『その代わりスーツを着てする営業は嫌だ』など人それぞれですから。

業種はさほど重要ではありません。
今盛んな業種も数年後にはわからない時代です。

それよりも自分の得意なこと、好きなことを、独自のやり方で人を喜ばすことができれば時代が変わっても、少しづつ変えながら続けていけるのではないでしょうか。

プロフィール

プロフィールテキスト

-ライフスタイル, 起業、副業

Copyright© yumiko lifelog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.